新卒採用力を向上させるポイントは?

いかに興味を持ってもらえるか。という点が重要です。
よくある失敗例の中で、特に新卒の場合、

●企業説明会のツールやコンテンツが古い。
●入社後の様子等の共感ポイントの設定ができていない。

などの課題がある場合があります。
説明会時には一方的な企業説明だけではなく、参加型セミナー形式などを取ることで応募者の印象に残すことが一般的ですが、多くの企業では社内会議の延長の様な説明会も行われています。

最近の学生は自己を表現することが苦手な傾向があるため興味があっても自分からはなかなか興味を示せない場合が多いです。
そこで参加型を取ることで自己表現をしやすくなる場を提供することが昨今では求められる要素になりつつあります。

また、HPや求人広告における求人は「目をとめる」ということが必要になります。

新卒採用は、会社がどのくらいの規模になれば可能?

新卒採用はもちろん可能です。

同じような社歴・規模の会社様でも、新卒採用に動いている企業様も多いですし
明確な目的を持った採用でしたら、チャレンジ精神溢れる新卒を採用できる可能性が高いと思います。
しかし、知名度の無い企業が新卒採用を行うには困難もついてきます。

採用人数枠・求める人材像・自社で働く条件とメリットなどを明確にした上で採用戦略を立てることが必要です。

ですが、やり方によっては「小さい会社だからこそ大きくなれるのだ!」という思いで、大手では採れないような素晴らしい人材を手にすることができるかも知れませんよ。

このページの先頭へ