新卒採用成功の秘訣

少子高齢化が進み新規学卒者の人数は年々減り続け、1年間の就職希望の学生は40万人前後と言われています。
学生一人当たりのエントリー企業数は平均30社以上ありますが、複数の内定を貰える学生と、全く内定が貰えない学生との二極化が深刻な問題となっています。
当然良い人材は採用競争が起こり、いかにして自社に来てもらうかを各社が競っている状況です。
新卒採用で「良い人材を確保」するためには、非常に厳しい競争を勝ち抜く必要があります。


どんなに優れた技術を持っていても、どんなに給料が高くても、学生に知ってもらえなければ意味はありません。
いかにして学生に発見してもらうかを考える事が最初の課題です。
例えば、美容関係の仕事に就きたいと考えている学生が、リクナビ等で
「美容」「名古屋」
と検索したときに、しっかりと上位に表示されるよう工夫しているでしょうか。
多くのすばらしい企業が、見つけてもらえることも無く学生との接点を失っています。
有名な新卒採用サイトに登録したから安心!ではなく、
いかにして競争に勝っていくかを考える必要があるのです。


せっかく発見してくれた学生に自社の魅力を十分に伝えきることが大切です。
学生一人当たりのエントリー社数は平均で30社以上
その中から少しでも興味を持ってもらい、自社のセミナーや面接に来てもらわなければいけません。
その為には、必要な情報を正しく、分かりやすく伝えることが重要です。
明るく元気な社風です
風通しの良い雰囲気です
スキルアップできる環境です
これらは残念ながら使い古されたコピーです。
もっと独自性のある、特徴的で分かりやすくインパクトのあるキャッチコピーが大切だと考えております。


エントリー者が集まったらセミナーへの動員です。
学生参加型のセミナーや、体験型セミナーなど様々な企画で学生への印象付けが行われています。
独特なセミナーはSNSなどでも広まり、更なる動員やエントリー者確保が見込めます。
また採用パンフレットやノベルティーなども独自性を出し、印象的なセミナー運営を目指しましょう。
当社でもセミナーの企画や運営、採用ツールの企画やご提案を行っております。
世界にひとつだけのセミナー、採用ツールを用意し、学生にアピールしてみませんか


新卒の採用活動は数ヶ月~1年単位の長丁場です。
せっかく内定を出しても他社に乗り換えられることもあり、地道で緻密なフォローが必要です。
当社では、エントリー者向け、セミナー参加者向け、内定者向けなど様々なシーンでのフォロー方法や企画をご提案しております。

2013年1月30日

このページの先頭へ