採用を成功させるために

人材採用を成功させるためには、より良い求人広告を製作することが求められます。
では、より良い求人広告とはどの様な広告なのでしょうか?

当社では「求人広告は、求職者に向けた企業やお店からのラブレターです」とご説明しています。
自分が何者なのか
なぜラブレターを書いたのか
これからどうしたいのか
どんなメリットがあるのか
どれくらい思っているのか

など、ラブレターを書くときには様々な言葉を使って相手の気を引こうとします。
当社では、求人広告でも同じように様々な手段で相手の気を引き、振り返ってもらう為に、より良い広告を作る必要があると考えています。

当社のスタッフがまずお聞きすることは「いつまでに何人、どんな方を採用するご予定ですか?」の質問です。
とても簡単な質問ようですが、実際にはあいまいな場合も多いのが事実です。


「元気で明るい子」が失敗する理由は、求める人物のキャラクターが明らかになっていない事ところにあります。
明るく元気な性格にも様々な場面があります。
臨機応変な接客が出来る
電話応対時の声が良く通る
失敗してもクヨクヨ落ち込まない

等など、実際に働いている現場を想像するだけでも、よりたくさんの条件がありそうです。
元気 とは具体的にどういうことか?
本当に明るい性格が必須条件なのか?
具体的にどういった仕事をしてもらうのか?
お客様はどういった方か?

実際にヒアリングをすると、まったく異なる条件にたどり着くこともあります。


例えば、繁忙期が6月だとすると、採用準備を始めるのはいつが良いでしょうか?
多くの場合、必要な時期の直前になって準備をします。
しかし、採用には良いタイミングと悪いタイミングがあります。
できるだけ良いタイミングで採用が出来るよう前もって準備することが大切です


当社では求人開始の時期を慎重に見極めご提案しております。

2013年1月30日

このページの先頭へ