中途採用で失敗しないために

新卒採用とは異なり、経験者を採用する中途採用は、より厳しい企業選択の目にさらされます。
特にプロフェッショナル採用の場合、
業界内でのポジションはどうか
事業の成長性、進取性はどうか
同業他社と比較した場合の優位性は何か
自分の将来のビジョン、キャリアパスが描けるか
など、経験者ならではの視点で企業選別が行われます。
いかにして自社の魅力を伝え、口説き落とすかを、採用のプロとしてご提案しています。

大切なのはターゲット設定と自社分析です

中途採用の場合、特に重要となってくるのは求める人材の明確化(ターゲット設定)と、その人材にアピールするための自社分析です。


過去の実績や業界の動向など様々な情報を駆使し、採用ターゲットの抱える不安や不満を想定していきます。
更に自社のアピールポイントを重ねることで、訴求ポイント(訴えるポイント)が次第に明確になっていきます。

情報を整理しイラストや写真を工夫し、よりターゲットの心に響く求人原稿を作成します。

2013年1月30日

このページの先頭へ